UPSHU 家庭教師しゅ~先生

奈良市・生駒市で家庭教師を10年間、家庭教師一筋のしゅ~先生のブログ

【2020年度最新】塾?家庭教師?うちの子はどっちがいいの?選ぶときのポイントは?【メリット・デメリット】

はじめまして、奈良市・生駒市で10年間、家庭教師一筋!のしゅ~先生です。
楽しく!分かり易く!粘り強く!をモットーに指導しています。
勉強のやり方や、家庭教師ネタをブログ発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

(2020年7月10日:過去記事を大幅加筆、修正しました)

 

塾と家庭教師、一体どっちがいいの?

勉強しない子

さて、新学期がもうすぐ始まります。子供の勉強が心配(。>﹏<。)そろそろ塾に行こうか、それとも家庭教師を頼もうか・・・悩まれてる方、多いと思います。結構お金もかかるし本当に成績が上がるのか不安になっている方・・・おられませんか?

 

実は塾と家庭教師は似ているようで全然違います!個別塾講師を経験し、その後家庭教師を10年間やってきた僕が、それぞれのメリット・デメリットをここで解説していきます。

 

ガンガンたくさん勉強する(させたい)人は塾へ

塾(個別でない集団の塾)

塾(個別でない集団の塾)は次のようなメリットがあります。特に専門的な知識のいる中学受験や難関私立高校の受験は塾と相性がいいです。

 

★ 授業のコマ数が多い

   塾では予め時間割が決められていて普通は家庭教師よりも多いです。

中には1週間ほぼ休みなしの塾もあります。勉強時間を確保することで成績が上がりやすいです。

 

★ 自習室がある

   たいていの集団塾では空き教室を自習室として開放しています。これも①と同じく勉強時間が増え、成績が上がりやすいです。

 

★ 教材の豊富さ

   塾ではたくさんの教材やプリントが配られます。中には学校の定期テストの過去問を配っている塾もあります。様々な問題を解くことができます。

 

★ 適度な緊張感

   集団塾では学校、家と違いピリピリとした独特の雰囲気があります。集中して取り組むことができます。

 

それ以外は家庭教師へ(笑)

家庭教師のメリット

様々なメリットがある塾ですがデメリットも多いです。塾のデメリットがそのまま家庭教師のメリットになります。家庭教師の最大のメリットはその柔軟性にあります。迷ったら家庭教師で間違いないです!

 

★ 距離、時間の問題

  今は田舎の方でもたくさんの塾がありますが、家から塾が離れていると通うのに時間がかかってしまうので大変です。また忙しい部活に通っている、他の習い事をやっている方だと行けない日があってもったいないです。

 

  家庭教師なら通う必要がなく、スケジュールも都合のいい日に入れることができるので無駄がありません。

 

★ いったん遅れるとついていくのが大変

  これは学校も同じなのですが、塾は集団で授業を行っているので、風邪などで休んでしまった時はもうその授業を受けることができません。また宿題をやっていなかったり、先生の言っていることがよく分からなかったりするとそれ以降、ついていくのが大変です。

 

「 学校の勉強がよく分からなくて塾に通ったのに、塾の方がもっと分からなかった」

という生徒さんも少なくありません。家庭教師ならそのような心配はありません。実際新しいことはなかなか1回で身につきません。僕は分かるまで何回でも繰り返し教えています

 

★ その子に今必要な勉強ができない

難しすぎる勉強

  学校、塾は年間のスケジュールをしっかり考えて授業をしてくれますが、そのスケジュールだとその子に今必要な勉強ができないこと問題です。例えば中1の方程式が分からないのに中2の連立方程式は絶対できません。

 

  定期テスト期間中に全く範囲外の授業を行っている塾がありました。また特に英語・数学はそうなのですが、中学1年生で習う範囲が分かっていないとついていけない事が多いです。

 

  先生の腕にもよりますが、大抵の家庭教師では中3の生徒さんでも必要なら中1の計算、文法、単語を教えてくれると思います。当然テスト期間中はその対策に集中できて無駄がありません

 

  家庭教師は塾よりも高いイメージがありますが、実は無駄が非常に少なく、コスパは塾よりも高いです。

 

★ 細かい指導報告

 僕がご家庭さんから言われる塾の不満点でよく言われるのが

「塾で今日何をやったのか、生徒がついていけたのか全くわからない。」

塾ではご家庭さん全員に毎回指導報告をすることはほぼ不可能です。僕を含め、家庭教師は毎回指導報告をしています。この毎回する指導報告で安心するご家庭さんも非常に多いです。

 

さらに僕は毎回の指導報告を(プライバシーには配慮して)#本日の指導報告 のハッシュタグでほぼ毎日ツイートしています。家庭教師に興味ある方は是非ご覧になってみてください。こちらのブログでも週末にツイートをまとめています。 

www.up1shu.com

 

家庭教師選びで大事なポイントまとめ

家庭教師選びのポイント

★ 家庭教師選びで大事なポイントはいくつもある

みなさん、家庭教師の魅力は分かっていただけたでしょうか?家庭教師は決して安いものではありません。目的をしっかり持って慎重に検討しましょう。具体的には

 

  • 何の教科を重点的に教えてほしいのか。最初は絞ったほうがいいです。
  • 現状の成績は何点で、どのくらい上げたいのか。
  • 宿題をガンガン出してほしいのか、塾のサポートをお願いしたいのか。
  • 生徒さんは人見知りなのか、それともお調子者なのか。
  • 指導日をコロコロ変更することに対応してくれるか。
  • やる気のない生徒さんを盛り上げてくれるか。
  • しっかり指導報告してくれる、安心感が欲しいのか。

 

 の中から3つ、重視する項目を決めて先生を選びましょう!そして初回指導は大事!しっかり話して下さい。詳しくはこちらの記事から↓

www.up1shu.com

 

★ 費用を抑えたい

また家庭教師は塾に比べて割高、どうしても教育費を抑えたいと思っているご家庭さんも多いはずです。「ペアレッスン」というものをご存知ですか?これは兄弟姉妹や近所の友だちと一緒に家庭教師をすると半額にできるお得なシステムです。

www.up1shu.com

 

また費用の点を考えると「個人契約と家庭教師紹介会社」、「プロ家庭教師とアルバイト」の違いを知っておくことも重要です。どちらもメリット・デメリットがありますが、基本的には「個人契約」「情報発信している家庭教師」を選ぶと良いでしょう。

www.up1shu.com

www.up1shu.com

 

★ 不登校の子供でも大丈夫?

僕もなったことがある不登校。学校に行けない不生徒さんの親は早く学校へ通わせようとしがちですが、まずは子供と向き合って共感して下さい。家庭教師は親御さんと一緒にそのお手伝いをすることが出来ます。

www.up1shu.com

 

★ オンライン家庭教師をやってみたい

コロナウイルスの影響でオンライン家庭教師が流行っています。僕はやったことがないですが、これからますますテクノロジーが進歩して主流になってくると思います。注意点は「便利だからといって最良とは限らない」です。

www.up1shu.com

 

現状ではオンライン家庭教師よりも、費用もかからずに効果も高いのがLINEなどの通話アプリを利用した、友達と一緒に勉強する「オンライン勉強会」です。ツールは賢く利用しましょう!

www.up1shu.com

 

★ 男の先生だと不安・・・女性限定の家庭教師をつけたい

男性教師に

  • 怖い印象がある
  • 質問したいけど、緊張して出来ない
  • 話しづらい
  • すぐに怒られそう

 

というイメージを持っておられる女性は多いです。その際は女性に限定して先生を探してみるのもありかもしれません。ですが、多くの場合、先入観で不安になっている場合がほとんどで、経験豊富な実績のある家庭教師を選べば男性でも問題ないことが殆どです。

www.up1shu.com

 

★ しゅ~先生の写真、プロフィール、料金等を詳しく知りたい。申し込みたい

 こちら↓をクリックしてプロフィールを御覧ください。お申し込みもこちらから。

www.up1shu.com

 

いかがだったでしょうか?家庭教師で迷っていることは大体解決されたのではないかと思います。その他に家庭教師について気になることがある方はコメントお待ちしております。

 

個別指導塾はよく考えて

  最近は塾と家庭教師のいいとこ取り!のような宣伝の個別指導塾が増えました。僕も約1年間働いていた事があります。

www.up1shu.com

 

  ですが実際は集団塾でもない家庭教師でもない中途半端な存在で、突出したメリットがなくデメリットのほうが目立ちます。集団塾が合わないようなら個別指導塾に切り替えるよりも思い切って家庭教師をつける方がいいと思います。

 

~まとめ~

  • 迷ったら家庭教師
  • 家庭教師選びにはいくつかポイントがある
  • ガンガンたくさん勉強する(させたい)人は塾へ
  • 個別指導塾はよく考える

 

後までご覧いただきありがとうございました。この記事があなたのお役に立てれば幸いです!

もし奈良市・生駒市で周りに家庭教師を必要とされているご家庭さんがいらっしゃれば、このブログを紹介していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
↑よろしけばこちらもクリックお願いします