UPSHU 個人契約家庭教師しゅ~先生

奈良市・生駒市で家庭教師を10年間、家庭教師一筋のしゅ~先生のブログ

【2020年】プロ家庭教師のメリット・デメリット【アルバイトと何が違うの?】

  はじめまして、奈良市・生駒市で10年間、家庭教師一筋!のしゅ~先生です。
楽しく!分かり易く!粘り強く!をモットーに指導しています。
勉強のやり方や、家庭教師ネタをブログ発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。 

 

プロ家庭教師って何?

プロ家庭教師とは

プロ家庭教師というとみなさんどんなイメージを持っていますか?

 

  • 高い!
  • おじさんおばさん!
  • 中学受験や難関校対策!

 

こんな感じですかね・・・ですが、それは半分正解で半分間違い。世の中には色んなプロ家庭教師が存在します。

 

プロ家庭教師って何?という質問に一言で答えるのは実は非常に難しいです。教員免許みたいな資格がないのである意味名乗ったもの勝ちみたいな感じはあります。僕は自身も名乗ってはいませんがプロ家庭教師の分類に入ると思います。 

 

大手の家庭教師紹介会社では指導経験、合格実績など独自のプロ基準を設けているところもあります。うん。実績も大事です。実際に僕も10年、70人、多数の指導経験を持っていることは売りにしています。

 

ですがプロ家庭教師ってそれだけで決まるものではないと思います。今日は僕なりにプロ家庭教師とは何か。そしてみなさんが家庭教師を選ぶ時、役立つようにプロ家庭教師のメリット・デメリット。アルバイトの学生さんとの違いを書いてきます。

 

 

プロ家庭教師のメリット

★ ノウハウを持っている

ノウハウ

 プロ家庭教師は受験、勉強法に関するノウハウをみなさん持っています。それは長年指導してきた経験によるものが大きいです。アルバイトの学生は受験勉強を乗り越えてきたとはいえ、指導経験はほぼゼロです。

 

中には天性の才能に恵まれた人や、いい先生に勉強を教えてもらった人はとても上手に教えてくれる人がいるかも知れません。しかし、長年家庭教師を続けている先生はご家庭さん、生徒さんから膨大なフィードバックを受けており、ノウハウの差は大きいと思います。

 

★ 相性が合う人が多い

相性

家庭教師は先生と生徒さんの相性が大切だと思っています。相性がとても良ければ経験ゼロのアルバイトの家庭教師でも全然OKだと思っています。ところが、この点においてもプロ家庭教師は勝っています。実際僕が家庭教師をしているご家庭さんはみなさん口を揃えて相性がいいと言います

 

一体なぜなんでしょう?それはプロ家庭教師は様々なキャラクターのご家庭さん、生徒さんを過去に受け持った経験があり、その対応も当然知っています。ですので結果的に「相性が合っている」ように感じるご家庭さんが多いのですね。

 

★ 指導最優先

指導先最優先

アルバイトの家庭教師は大学の講義やサークル、他にもやることがいっぱいあります。特にネックなのがテスト勉強と自動車免許講習ですね。その時は授業が中断されます。プロ家庭教師は仕事第一!!日程変更も滅多にありませんし、逆にご家庭さんの希望通りの日程に変更しやすいと思います。

 

★ 家庭教師に人生かけている

プロ家庭教師とアルバイト家庭教師の最大の違いはこれだと思います。アルバイトの家庭教師でこの仕事をずっと続けていこうと考えている人は殆どいません。学生時代はバイトも含め、色んな経験を積む時期。限られた時間の中で一生懸命仕事をやる。それはそれで悪くありませんが、ご家庭さんの立場からすれば安心感が違いますね。

 

プロ家庭教師のデメリット

★ 高い

高い

プロ家庭教師の時給ははっきり言って高いです。僕も含め家庭教師はボランティアでやっているものではありません。この値段なら契約してくれるだろうという料金設定でやっています

 

ただし、ぼったくっているわけではありません。一般的な会社と違って個人営業である家庭教師の報酬は非常にシビアです。長く務めていたからといって時給は上がりません。大部分のプロ家庭教師は上がった値段に見合った仕事をしようと一生懸命頑張っています

 

僕はプロ家庭教師の値段が高いのはアフターサービス、そして品質保証による対価だと考えています。プロ家庭教師はそれぞれ売りがあって、バイトの家庭教師と差別化できるよう工夫を凝らしています。

 

 

★ 惰性、だらけ

惰性、だらけ

長年家庭教師を続けていて、逆に生徒さんと向き合う意欲が失われ、惰性でやっているプロ家庭教師もいたと聞いたことがあります。生徒さんが問題を解いている時にパ○ドラをやったり・・・同業者として悲しくなりますね(。>﹏<。)

 

ちなみに惰性、だらけはその人個人の問題なので当然アルバイトの学生さんでも見られます。一刻も早くそういう先生はクビにして、紹介業者を通しているご家庭さんは報告して新しい先生をつけてもらいましょう。 

 

★ 上から目線

膨大な知識、ノウハウを持っていることが、逆にご家庭さんの意見を聞き入れず、上から目線になってしまうことがよくあります。僕もご家庭さんと話していて少し違うな?と感じることはあります。ですが、まずは真剣に意見を聞いて共感するよう心がけています。 

 

★ ジェネレーションギャップ

ジェネレーションギャップ

プロ家庭教師はアルバイトの学生に比べ高齢です。僕も令和2年現在33歳。すっかりおっさんです(。>﹏<。)そうすると問題なのが生徒さんとのジェネレーションギャップ。自分の学生時代と今の学生のギャップについていけない先生がいると聞きます。

 

僕は雑談で生徒さんと話しながら今の学生のトレンドをできるだけ身につけるようにしています。まぁ知識はほどほどで大丈夫です。それよりもへぇ~と興味を持って、生徒さんから学ぶ姿勢が重要です。詳しくはほめ方の記事で(*^^*)

www.up1shu.com

 

お兄さん、お姉さん的な親しみやすく、グイグイ引っ張ってくれる家庭教師を要望されているご家庭さんも多いのです。できるだけフレンドリーに、生徒の話もよく耳を傾けるようにしています。アニメの趣味が被った時はサイコーですね(笑)

 

他に気をつけること

★ 東大生・京大生の家庭教師

東大

東大・京大出身の人は学校名を全面に押し出して家庭教師をやっていることが殆どです。そして時給は恐ろしく高額です。

 

僕も出身校、すごいですね!とたまに会話のネタになる時はありますが、それを売りにはしていませんし自分から切り出すことはありません。出身校はあまり家庭教師の良し悪しの判断基準にならないからです。

 

東大生・京大生が名乗るなと言っているのではありません。ドラゴン桜で「東大は人生のプラチナチケット」と言われているようにそれだけ価値があるものです。ところがご家庭さんの立場からすると東大生・京大生が本当にいい先生なのかよく考えないといけません。

 

もちろん東大、京大生は頭の回転が早く、豊富な知識を持っているので家庭教師も上手に教えられる人が多いと思います。ですが全然勉強出来ない生徒さんがなんでこんなに出来ないのか、理解出来ないこともあります

 

また、少しドライというか、ご家庭さんや生徒さんの要望をきちんと耳を傾けて聞いてくれず、「そんな事は知ってるよ、だからこうすればいい」みたいな上から目線で切り出してくる人が多いと聞きます。本人はよかれと思ってやっていることがほとんどなので自覚はありませんが・・・

 

日本人は「ブランド」に非常に弱いです。〇〇大学を謳っている家庭教師はそれだけで決めるのではなく、他の部分も考慮して冷静に決めましょう。

 

★ 専門性の高い先生は塾、予備校にいることが多い 

塾

プロ家庭教師の中には数学専門、英語専門など特定の分野の専門を売りにしている先生も多いです。僕も数学、理科、化学が得意ですが、基本的に全教科教えています。家庭教師は生徒さんのモチベーションを高め、学びの姿勢を変えてあげることが仕事の大きなウェイトを占めるからです。

 

さらにどちらかというと専門性が高く、しかも優秀な先生は塾や予備校にいることが多いです。これは仕方がありません。専門を絞れば絞るほど、需要が限定されるので単価を上げなければいけません。集団塾の方が先生の単価は高いのでそちらへ流れていってしまうのですね。

 

~まとめ~

  • プロ家庭教師とは「家庭教師一筋」!
  • 高いのには理由がある
  • よくよく吟味して家庭教師を選んで下さい! 

 

家庭教師と塾。メリット・デメリットはこちらから↓

www.up1shu.com

 オンライン家庭教師。メリット・デメリットはこちらから↓

www.up1shu.com

 個人契約と業者。メリット・デメリットはこちらから↓

www.up1shu.com

 

最後までご覧いただきありがとうございました。この記事があなたのお役に立てれば幸いです!

もし奈良市・生駒市で周りに家庭教師を必要とされているご家庭さんがいらっしゃれば、このブログを紹介していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
↑よろしけばこちらもクリックお願いします